10倍売れるWebコピーライティングの感想とまとめレビュー

10倍売れるWebコピーライティング 読書レビュー

 

【アフィリで稼いでる人は必ず読んでる!?おすすめ本5選】でも紹介している

バズ部(株式会社ルーシー)のコピーライティング参考書

『10倍売れるWebコピーライティング』の読後感想を書きましたので

ご購入の際などの参考にしていただければ幸いです。

 

 

自然と売れるセールスレターの指南書

 

この本は簡単に言えば「セールスレターの書き方を総合的に学ぶことができる本」です。

本書中にあるセールスレターの型に沿って、10個の材料を集め(※下記参照)

それらを組み合わせるだけで、自然と売れるセールスレターを作成することができますので

セールスレターの指南書(指導書)とも言えるでしょう。

ページ数は130ページ程度と、それほど長くはなく比較的読みやすい内容です。

 

◆ 売れるセールスレターを書くために必要な10個の材料
① キャッチコピーのひな形
②「結果」パートの材料
③「実証」
④「信頼」
⑤「安心」
⑥ 簡便性の材料
⑦ 希少性の材料
⑧ 特典
⑨ 保証
⑩ 追伸の材料

 

セールスレター作成の具体的な方法論を学べる

 

本書中には、この10個の材料を集めるための具体的な方法論が詳しく書かれています。

コピーライターというと、どうしても「書く仕事」ばかりに焦点が当てられがちですが

実際にはセールスレターを書く時間よりも、書くための材料を集める時間の方が圧倒的に長く

重要であるという事実を、この本を読むことで理解できるでしょう。

 

ユーザー目線を重視して欲しいという著者の思い

 

この本の”まえがき”には、本書は「売るためのテクニック」を学ぶ本ではなく

「ユーザーが求めている情報をよりよく伝えるためのテクニック」を学ぶ本であり

ユーザーそのものを深くリサーチすることを重要視している

といったことが書かれています。

 

この本の著者(株式会社ルーシー)は、一時期セールスばかりに走っていたことがあり

それによって業績が悪化したけれども、ユーザーに価値を与え続けることに集中した結果、

コンバージョン(成果)が上がったという経験があるそうです。

 

本書でも紹介されている心理テクニック(認知的不協和、返報性の法則、一貫性の法則など)を使えば

ユーザーの心理に強力に働きかけ、その動向も思うように操ることが可能になりますが

しかし、だからこそ、そのテクニックにおぼれて、そればかりを追求していると

長い目で見てユーザーからの信用を失うことになるという事実を、まず始めに理解して欲しい

といったことを、本書の”まえがき”でも主張されているわけです。

 

そういった著者の思いも、その他のコピーライティング本との違いとして

明確となるところかもしれません。

 

 

アフィリで稼いでる人は必ず読んでる!?おすすめ本5選


 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です