馬鹿力とマインドフルネス

 

昔からよく聞く言葉で「火事場の馬鹿力」ってのがあります。

 

私はこれまで火事場に遭遇したことはないので

実際に自分が火事にあったらどんな力を発揮できるのか?

それは分かりませんが、

おそらくきっとすごいんだと思います。私の馬鹿力。

 

ちなみにあのホリエモンも

「バカは最強の法則」というタイトルの本を最近出してますね。

まだ読んではいませんが。

 

馬鹿って、馬と鹿のことですから、ようは「獣」です。

 

獣に共通するのは”余計なことを考えない”こと。

 

獣は人間と違って、頭の中で未来や過去のことを

いつまでも考えるようなことはしません。(たぶん。)

 

獣はいつだって「今」を生きている。(おそらく。)

 

だから馬鹿はいつでも全力を集中できるのでしょう。

 

私たち人間は獣と違って、頭の中で

「今」に感じることのできる情報とは全く異なる

「過去」や「未来」の情報を想像できる能力を持っています。

 

でも、それ故にズレができることになります。頭の中で。

 

そのズレ、いわば「情報のズレ」こそが、

不安やストレスの正体でもあるわけですが

そのズレを意識的に解消することができない人は

今を生きることが難しい。

 

「今」という時間に、自分の全力を集中することがなかなかできないわけです。

 

馬鹿力を発揮できない。。

獣以下のパフォーマンスという体たらく。

 

・・・ですが、ズレを意識的に解消することができれば

集中力を発揮することができるようになり、今を、

自分の人生を、生きやすくもなるでしょう。

 

頭の中で生じている情報のズレを、意識的に解消するためには

それなりの訓練が必要になります。

 

意識しなくてもズレを解消できる、生まれつきの素質に

恵まれている人もいるようですが、筋トレと同じで

素質がなくても訓練によって能力を高めることはできます。

 

私も元々の素質はありませんでしたが、

食育やヨガ、合気道などをきっかけにして

その能力を高めることに成功しました。

 

その訓練法は「マインドフルネス」と呼ばれているものです。

 

マインドフルネスについての話は、また次にでも書くとして

まずは今から、ここ数年さぼっていたマインドフルネスの習慣を

もう一度身につけることにします(笑)

 

========================================

 

P.S.

ここ2~3年ほど、ずっと呑んだくれ&遊んでばかりで過ごしていたせいか、

どうも自分の自己イメージが小さくなってしまったように思えてならない今日この頃です。

 

遊び人を極めると賢者になれるというのは、

ドラゴンクエストというゲームの中だけの話なのかもしれません。

どうやら。

 

そこで久しぶりにweb上の情報発信を通じて、自己イメージの強化に努めてみようと思いました。

自分のための情報発信ですが、あなたの何かしらの参考にもなれば幸いです。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です