愛の本質

 

出所は分かりませんが、脳科学の実験で

次のような内容のものがあるそうです。

 

==============================

 

AさんとBさんの2人の前に8,000円のお金を提示し

Aさんには5,000円を渡し、Bさんには3,000円を渡すと

Aさんは優越感から気分は上がるものの

Aさんの脳に快楽ホルモンは分泌されなかった。

 

一方、AさんとBさん両方に4,000円ずつ渡したときは

2人とも喜び、最高レベルの快楽ホルモンが分泌された。

 

=============================

 

この実験結果から、私たちの脳は、物理的に

「平等」によって幸福感を得られるようになっている

ということが明らかになったとのこと。。

 

私は「愛」の本質を簡単にあらわすなら

「(情報が)同じであること」

または「(情報が)同じであろうとすること」

というように推論しているのですが

この脳科学の実験結果を考察してみると

私の推論もあながち的外れではないなぁと思います。

 

============================

 

ただ、考えてみて欲しいのですが

8,000円を2人で4,000円ずつ分け合って

互いに快楽ホルモンを分泌し合うよりも

2人とも8,000円を得て、快楽ホルモンが分泌される方が

そっちの方が良くないですか?笑

 

つまり、目の前に8,000円しかないと限界を決めるより、

2人とも8,000円を手に入れる方法はないか?

・・・いや、それ以上のお金を手に入れる方法はないか?

 

そう考え、それを実現し、より多くを分け合った方が、

より良い幸福感をお互いに得られるのではないかと

私なんかはそう考えてしまいます。

 

==========================

 

また、別の視点から考えてみると

8,000円を5,000円と3,000円で分け合った時に

Bさんだけでなく、Aさんが受け取った金額も3,000円なら

Bさんも幸福感を得られるかもしれません。

 

ですが、それは客観的にみれば、Bさんの満足のために

残りの2,000円を無下にしているだけとも言えます。

 

さらにまったく別の視点から考えてみましょう。

 

仮に、今の私が不幸感に悩まされているとします。

 

すると先の実験結果や、私の推論が間違ってなければ

同じように不幸感に悩まされている人が周りに居ること

もしくは、自分の周りに不幸な人を求めることで

互いに快楽ホルモンが分泌されることになるわけです。

 

『不幸のどん底にある者同士で同類相憐れむ』

 

もし私がそうであるならば、なんとも情けない話です。

 

=============================

 

だからこそ、私はいつでも自分を幸せにしたい

 

自分の周りの人たちも幸せであれるためにも

もっと自分を幸せにしたい、私は幸せに生きる

 

今日はあらためて、その思いを強めるに至ったのでした。

 

=================================

一歩踏み出せ 前に進め

Step Forward by SFP

SFPブログ:https://sfpbiz.com/
SFP HP:https://sfplan.jp/

=================================

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です