物事には「原因」と「結果」がある

 

最近の自分を振り返ってみて、思ったことですが

自分が願ってもいない出来事に直面したときに

その出来事の「結果」ばかりに囚われていると

無駄にショックを受けたり、無駄に悩んだり

無駄に傷つくことになります。

 

「結果」ばかりに思考を奪われていると

世の出来事の有為転変が理解できなくなるんですね。

 

「人間万事塞翁が馬」

 

その先人の教えを忘れてしまうのです。

 

 

ですが「結果」だけでなく「原因」にも心を向けてやれば

不安定な精神状態におちいるようなことはなく

寛容で、思いやりのある人になることもできます。

 

物事には原因と結果があるということを、いつでも頭におき

その因果の連鎖を、自らの想像力をもって認識しながら

有為転変する人生の価値、その素晴らしさを味わいましょう。

 

物事の原因と結果に深く思いをめぐらせること

それは世の中の有為転変の姿を認識することであり

あらゆる物事が原因と結果の絶え間のない継起によって

生じているということの理解にもつながります。

 

原因と結果に深く思いをめぐらせながら

自分の内面の安定、強固な精神を育んでいきたい

今日はそんなことを思いました。

 

=================================

一歩踏み出せ 前に進め

Step Forward by SFP

SFPブログ:https://sfpbiz.com/
SFP HP:https://sfplan.jp/

=================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です